ごあいさつ

特定非営利活動法人トータルライフサポート 理事長 三国浩晃

私は10数年前から、お葬式の電話相談業務を続けてきました。その経験のなかで、ここ3年くらい「身寄りのない人がなくなりまして・・・」という孤独死に関するご相談が10倍くらい増えていることに気づきました。

こうした場合、ご相談される方は故人の甥っ子や姪っ子さんで、整然は連絡や行き来が途絶えていたケースがほとんど。「お葬式はしません」「お別れの立会いもしません」「お骨もいりません」と言われます。きちんとしたお別れもできない、悲しい現実があちこちで増えているのです。

いまは死別、離婚、未婚などで「おひとりさま」で老後を迎える方がたくさんいらっしゃいます。また、将来の「おひとりさま予備軍」の方もこうした孤独死の可能性が潜んでいます。

NPOトータルライフサポートは、ひとり暮らしでも元気で生き活きと、安心して生活をエンジョイするためのライフプランとして、年中無休24時間の電話相談窓口「トータルライフサポートデスク」を設置しております。ここでは日頃心配な健康や医療、介護などの専門家がご相談を受けたり、ご紹介するなどの連携を図っています。さらに、暮らしのサポートのために勉強会、セミナー、相談会を実施していきます。

 

 

専門相談員のご紹介